FC2ブログ

こだわり野郎のブログ

食べ歩きから映画関連の細かい話題まで、私なりのこだわりで綴ります

 

ブックオフで掘り出し物 @ブックオフ京都東寺駅前店


Category: テレビ・ラジオ > 特撮TV   Tags: ---

2年前に洋泉社から発行された「ウルトラセブン研究読本」。320Pというボリウムは圧倒的。
表紙は怪獣絵師・開田裕治氏によるもの。
書店でパラパラッと立ち読みして、とても充実した内容だと実感していたが、税込み2100円という価格に躊躇し、結局買わずにいた。


201410243.jpg
今年の9月には、マガジンハウス社から「大人のウルトラセブン大図鑑」と題したムック本が出版された。
こちらは税込み1000円だったので、即購入。
ページ数は112Pと、先の研究読本の約1/3ではあるが、コストパフォーマンスは良かったと思う。


201410242.jpg
今日、ブックオフにふらっと立ち寄ったら、いまだ未購入の研究読本が税込み1000円で売られていた。
状態も良かったので、これはもう速攻買い。
12話については完全ではないが作品リストに記載はされているので、一昔前よりは緩くなったのは確か。

ブログランキングに参加しています。
この下を↓
人気ブログランキングへ
プチッとクリックお願いします!

スポンサーサイト



ウルトラマン創世記展 @佐川美術館


Category: テレビ・ラジオ > 特撮TV   Tags: ---
urtraman sohseiki ten
佐川美術館で開催中の「ウルトラマン創世記展」に行ってきました。
昨日の「円谷英二 特撮の軌跡展」に続き、まさにウルトラ週間です。

朝9時15分頃、会場の佐川美術館に到着。
そこで目にしたものは



人、人、人の行列でした。
開館時間まであと10分そこそこだったのですが、ざっと見ても100人越えは間違いないです。
駐車場も既に満車に近く、名古屋や三重など他府県ナンバーが目に付きます。

関係者の(来場者の見込み違いとも思えるような)対応が遅く、前売券を買っている客と当日券買い求める客を仕分けずに入場させるので全く進まないし、これでは前売券を買った意味なし!!
映画館などで極普通に行われてる事が、この美術館ではされていませんでした。


2014042016.jpg
気持ちを抑えるために、美術館の風景を眺めながら入場を待ちました。


2014042017.jpg
入場後真っ先に、ハヤタ隊員・黒部進氏とフジ隊員・桜井浩子氏のサイン会用整理券の配布会場で並びます。

が案の定、この列の序盤で「サイン会午前(11:30~)の部・配布が終了しました!」の声。

普通に入場さえしていたらと思うと…。
あと1時間早起きして来れば良かったのですが。


2014042023.jpg
サイン会はこの日だけのイベント。
このサイン会をメインに来ていたので、何が何でも午後の整理券をゲットしなくては来た意味がありません。

当初、男性関係者が「午後の部の整理券を求める人が120名になった時点で配布します」というので、時間までひたすら待って耐えていたのですが、1時間ほど経過した頃でした。

別の女性関係者が「午後の部の整理券配布終了後、ご来場された方々への配慮という観点から、当初の予定通りサイン会開始の1時間前の配布とさせていただきます」という事務的で一方的な連絡。

これには、さすがの関西人もキレました…。あちこちからクレームの嵐です。
収拾がつかなくなった有様に、携帯を使って上司の指示を仰ぐ女性関係者はその場を申し訳なさそうに去って行きました…。

紆余曲折があって「午前の記念対談部開始の15分後に配布します」という、中途半端な時間の配布に落ち着き、


2014042024.jpg
午前の対談終了後に行われたサイン会を遠巻きに見ながら、整理券配布まで並ぶことになりました。

サービス満点で、2ショットや3ショット撮影もOK、色紙とかにサインしてもらっている人もいましたね。
見ていて待ち遠しくなりました。
後ろ姿、白髪の男性が黒部進氏、その隣が桜井浩子氏。

あれっ、2ショットの男性はひょっとして!


2014042025.jpg
間違いない、元祖・怪獣博士こと原坂一郎さんです。イチロー先生のblogはこちら
桜井さんと画像チェックをされているご様子でした。この時を逃したら取り直しが出来ないですからね。流石に抜かりないです。

人目もはばからず、「原坂さん! 今日のラジオ、オンエアだいじょうぶなんですか?」と、話をふってみました。
「あっ、今日のは録音なんですよ」って返答でした。なるほど。

以前、番組にリクエストしたことや来週開催される怪獣市場のことなども話したりして。
佐川美術館に着いてから気分的に滅入っていたので、原坂さんに会って元気を頂きました。

今日ばかりは科学特捜隊のユニフォームではありませんでしたね。やはりTPOをわきまえてらっしゃるってことか。


kaijyu sakaba2 front
怪獣市場の話が出たところで「チラシをあげましょう!」といただきました。
来週の土日開催ですか~。ゴールデンウィークで、既に別件があるので厳しいです~。


原坂さんに紹介していただいたのが、シンガーソングライターのそえんじさん。(写真、原坂さんの次の順番のピンク色のシャツのお方)
そえんじさんのHPはこちらです
そえんじさんは、自身のポスターにお二人のサインを頂いていましたよ。



2014042029.jpg
13時過ぎ、記念対談の整理券配布。お二方によるウルトラマンの撮影秘話が聞けるという触れ込みです。

関係者の説明開始。
「記念対談の整理券を今から配布いたします。サイン会希望の方は、この対談整理券を持って、売店にて創世記展の図録を購入して下さい。そこで初めてサイン会の整理券をお渡しします」とのこと。

こういうことは、一番最初に説明すべきことではないでしょうか。現に色紙を持参している方もいましたし、図録も決して安いものではありません(税込みで2550円)し、私事ですが今回の総予算は5千円と決めていたので、無条件で帰りもJR堅田駅まで歩くことになりました。

1枚の整理券で1部しか買えない様、図録購入時点で対談整理券に消印が押されます。この辺だけは抜かりなしです。


2014042018.jpg
時間までの間、売店ブースで物販物色したり館内展示を食い入るように見学。
最初に私が足を止めたのがこれです。

古谷敏 オリジナルハンド スペシウム光線


誰もが真似したこのポーズ。
しかし、このしなやかなラインは古谷さんしか出来ません…・。

商品化しか方も凄いが、全面協力した古谷さんもまた凄い。


2014042019.jpg
価格は、分かる人には分かる、納得の50000円(税別)。


2014042020.jpg
ソフビ版カネゴンなんてのもありました。


2014042021.jpg
お値段の方も10万円とジャイアントです。


そうこうしていると、ようやく記念対談開始のアナウンス。会場ブースに向いました。
この場での撮影、録音は禁止ということでした。

黒部さんは冒頭、琵琶湖大橋の話題に触れ、「昔は東映撮影所からロケバスでよく滋賀県に来ました。この辺りの名産と言えば、鮒寿しやモロコが有名ですが、誰か知り合いにモロコ釣りの漁師さんいない?」と冗談とも本気とも取れるような挨拶でスタート。

桜井さんは、今や円谷プロの方。
「40年以上経ってもこうやって今もお仕事をさせていただいているのも、支えてくださったファンのお陰です」と挨拶。


撮影秘話については、既に文書化されていることが多く、目新しい内容は特に語られていなかったと私は思いましたが、
質疑応答で、「巨大化したフジ・アキコ隊員は、あくまでも操られていただけであって、怪獣図鑑や何かで怪獣扱いされるのは止めてほしい!」と桜井さんが力説されていたことが印象に残りました。


2014042028.jpg
対談後、サイン会参加者はその場に残り、関係者の指示で整理番号順にサイン会場に移動。
ここで「注意点があります。サインは図録にのみとさせていただきます」。
えっ、それって午前の部ではフリーだったのに、何故?

おそらく、午前の部の大サービスで大幅に時間オーバーしたのでしょう。

実は私にも持参品がありました。別に図録事体にサインはこの際どうでも良かったのです。
持参品にしてもらえれば…。


と、あれこれ考えている内に、私の順番になりました。
「写真は、シャッターを押せば良いだけの状態にして関係者に渡して下さい」と係りの人に促されたのですが、
「本心は写真も撮りたいですが、あえてその時間分をサインに費やして下さい。どうかお願いします」と自前のマジックペンを黒部さんに差し出しました。


2014042030.jpg
背表紙カバーを外した状態で図録表紙に中字サイズでサインしてもらいましたが、これには訳があります。


2014042031.jpg
次に取り出したのが、持参品の北米版ウルトラマン・DVD-BOX Ⅱ
黒部さん(ハヤタ)がカバー表紙のDVDって、これしか知らないし、黒部さんの興味を示すのではとチョイスしました。

ご本人も「こんなDVDが出てるんだねぇ。(サインしても)いいですよ」と書く気満々のご様子でした。関係者も「(じゃぁ)写真はいいんですね」と最後には折れたみたいでした。
やはり中字マジックペンだとサインもしっくり収まります。
太字ペンだと、黒部さんのびのびとした書体で、字が潰れてしまうのです。


ここでダメだと言われたら、「午前の部との対応が明らかに違いすぎるではないか、話が二転三転したり内容を変えたりして、一体…」と文句を考えていたのです。


桜井さんにお会いするのは初めてだったので、「初めまして。貴重な対談ありがとうございました。実は誠に勝手なお願いがあります。実はこちらにサインを頂くことが私の長年の夢なのです」


空想特撮シリーズ ウルトラセブン -遊星より愛を-[仮題] 決定稿⑨

そう、セブンの台本です。

関係者から「これは、ちょっと…」と止めはされましたが、桜井さんは「色んな方に書いてもらっているんですね。じゃぁ(私はここに)」とペンを走らせて下さいました。

「直ぐに閉まってください!」とその直後に関係者に言われました。
「宝物にします。本当にありがとうございました!」とその場を後にしました。


2014042032.jpg
中字マジックペンを持参したのは文字サイズを統一したかったからです。一人違うとバランスが良くないですから。
これにて今日の任務無事完了!

あまり両氏にまとわりつくのもどうかと思い、いい気分で佐川美術館を後にしたいと考えました。


2014042026.jpg
私が頂いた後も、サインを求める列は途切れていませんでした。
それにしても今日の売店売り上げはウルトラ級になったことでしょうね。


2014042027.jpg
サイン会の最後尾にこんな立て札があった。
おいおい、これって佐川美術館のチケット売り場辺りに置かないと意味ないし!

最後までなってない美術館関係者だと思いました。
今後の美術館のためにも意見を書こうとアンケート用紙を探しましたが…ありませんでした!!

ウルトラマ創世記展
会場:佐川美術館(滋賀県守山市水保町北川2891)
展示期間:平成26年4月5日(土)~6月15日(日)
開館時間:09:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日【5/5(月)は開館、5/7(水)が振替休館となります】
入館料:一般1,000円 高大生600円
会期中でもコンビニで前売券が安く購入出来ます!
「セブンイレブン」店内のマルチコピー機で操作後、店内レジにて代金を払います。

 セブンコード:027-973
 タイトル:「ウルトラマン創世紀展 ウルトラQ誕生からウルトラマン80へ」
 発売期間:4月1日(火)~6月14日(土)一般800円・高大生400円
・中学生以下は入館無料です。(要保護者同伴)


ブログランキングに参加しています。
この下を↓
人気ブログランキングへ
プチッとクリックお願いします!

佐川美術館に行ってきた


Category: テレビ・ラジオ > 特撮TV   Tags: ---

朝7時過ぎに家を出発し、JR京都駅に到着。


2014042002.jpg
そこで湖西線に乗り換え


2014042004.jpg
8時半前に堅田駅到着。

ちょうど佐川美術館行きのバスが出たところで、次のバスまで1時間待ち!
あまりに時間がもったいないので、交番で美術館までの道のりを教えてもらい、歩いていくことにしました。
バス代も片道400円と異常に高かったし、浮いた分でお土産の足しにしよう。


2014042005.jpg
目指すは琵琶湖大橋。


2014042006.jpg
歩道はあるものの、この時間に歩いている人は極わずか。


2014042007.jpg
100メートル置きにこんなプレートが設置してありました。


2014042008.jpg
橋の真ん中辺りから見た風景。


2014042009.jpg
10数分で料金所(出口)に到着。歩行者、自転車は無料。原チャリは20円。
バス代が高いのは大型車料金の一部が含まれていたからだと得しました。

そこから湖畔沿いの道を歩くこと数分。


2014042011.jpg
私のために、こんな道しるべがありました!
急に足取りが軽くなった様です。


2014042012.jpg
信号の角に、またあった!


2014042013.jpg
左折すると、佐川美術館まで直進。


2014042014.jpg
到着! 徒歩で約45分の行程でした。


2014042015.jpg
安堵したのも束の間。
そこに待ち構えていたものは…。
ブログランキングに参加しています。
この下を↓
人気ブログランキングへ
プチッとクリックお願いします!

円谷英二 特撮の軌跡展 @京都高島屋


Category: テレビ・ラジオ > 特撮TV   Tags: ---

2月に横浜の放送ライブラリーでもらったチラシで、心待ちにしていたイベントがようやく京都開催。
初日は木曜日だし、今日行ってきた。

そして、初日イベントとしてひし美さんと古谷さんのトークショーがあったことを高島屋到着後に知った…!!


201404192.jpg
このイベントの目玉は、ウルトラマン第19話「悪魔はふたたび」で国立競技場を舞台にした巨大ジオラマ。


201404193.jpg
高島屋館内のあちこちに掲示されていたポスター。
でも、販売はされていなかった。


201404194.jpg
7階イベントホールに到着。
この先からは撮影禁止です。


201404195.jpg
これまでのウルトラ関連のイベントと違い、特技監督・円谷英二に焦点をあて、幼少時代から時系列順に愛用品や展示物と併せて、解説されていた。


映像コーナーでは、実相寺昭雄監督が撮った「ウルトラQのおやじ」が上映。
これを観れただけでも、元取れた気分です。


国立競技場のジオラマは360度どこから見ても楽しめるようになっており、裏方スタッフの仕事ぶりを交えた凝った作りでした。


201404196.jpg
会場を出るとウルトラマンが立っていたので、記念に1枚。
何故横から撮ったかというと、正面は人だかりだったから。


201404198.jpg
スタンプラリーをやっていたので、子供たちに交じって館内を回ります。


201404199.jpg
全て回ると、先着でシールをプレゼント。


201404197.jpg
売店の横では、背の低いウルトラマンが記念撮影に応じていました。
こちらはパスさせていただきました。


売店で何か買おうと思っていたのですが、物色だけしてスルーしました。
と言うのも


urtraman sohseiki ten
明日、滋賀県の佐川美術館に行くことになっているので、限られた小遣いをキープしておかないと。
ブログランキングに参加しています。
この下を↓
人気ブログランキングへ
プチッとクリックお願いします!

ウルトラQリターンズ 怪獣絵師 開田裕治


Category: テレビ・ラジオ > 特撮TV   Tags: ---
urtra Q in kyoto
河原町通りを歩いていると、足が止まった。

ウルトラQだ!

昨年、東京のパルコで開催されていたイベントが、まさか京都で見れるとは…。

怪獣絵師としてその筋では有名な開田裕治氏は、30年以上の昔には、既に関西の特撮マニアには名の知れた存在だった。

当時バンダイから発売されたLDウルトラQやウルトラセブンのジャケットイラストやプラモデルのボックスアートを手掛けていたのも、この開田氏である。

特撮ファンのバイブルであり、後に朝日ソノラマから復刊された「大特撮」を書いた伝説の集団「コロッサス」のメンバーでもあった。

このイベントは「総天然色カラー版 ウルトラQ」の発売記念として開催されているもので、今度の15日には開田氏のサイン会も行われる(但し、本イベント会場にて5000円以上購入の方、先着100名限定)。

私は来月ヨコハマ映画祭に行く関係で、5000円はきつい…。でも開田さんに会いに、会場には行こうかなぁ?


会場は京都LOFT 1F 1Fロフトマーケット
京都市中京区河原町通三条下ル
電話番号 075-222-8470
営業時間 11:00~21:00(最終日は18時にて終了)
開催期日 ~2012年1月16日まで

ブログランキングに参加しています。
この下を↓
人気ブログランキングへ
プチッとクリックお願いします!

12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

11

01


 
プロフィール

こだわり野郎

Author:こだわり野郎
こだわり野郎のブログにようこそ!

食べ歩き全般と昔のテレビ番組や映画関連の話題が中心です。出会った俳優さんのことやコレクションの紹介もします。

 
 
FC2カウンター
 
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
映画俳優
11位
アクセスランキングを見る>>
 
 
こだわり野郎の本棚
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム
 
ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
 
 
 
フリーエリア