FC2ブログ

こだわり野郎のブログ

食べ歩きから映画関連の細かい話題まで、私なりのこだわりで綴ります

 

納涼・古本まつり @下賀茂神社・糺の森


Category: 映像関連コレクション > スチール写真   Tags: ---

気温38℃の猛暑の中、下鴨神社へ行ってきました。


130811c.jpg
この時期恒例の古本まつりです。


130811b.jpg
場所は糺の森一帯です。


昼過ぎに到着したのですが、初日は日曜日ということもあって既に大賑わいでした。
一通り物色するのに約3時間を要しましたが、出物で私の目を惹いたのが、東映のスチール写真とロビーカードの類いでした。

当然使用済みのものですが、本来劇場側が上映に際して配給会社からレンタルされるものなので、上映が終わると返却するものです。


130811d.jpg
スチール写真で購入したのは「極道社長」(1975年・中島貞夫監督作品)の1枚。
ピラニア軍団の室田日出男、拓ボン、野口貴史と辰兄ぃの揃い組み。

これは今も京都在住の野口さんにサインを貰わねばという、目論みもあって買いました。


130811e.jpg
ロビーカードは、「戦後猟奇犯罪史」(1976年・牧口雄二監督作品)から拓ボンが大久保清(劇中名は久保清一)を演じたカット


130811f.jpg
を中心に購入


130811g.jpg
ナレーター役で、当時「ウィークエンダー」で人気のあった泉ピン子も出ています


130811h.jpg
「女獄門帖 引き裂かれた尼僧」(1977年・牧口雄二監督作品)からは、階段落ちで有名な東映京都の怪優・汐路章


130811i.jpg
表情が凄いので、もう1枚


気が付けば、牧口雄二監督作品ばかり。
牧口作品といえば、マニアックな作品が多いですよね。


130811j.jpg
お口直しの1枚は「番格ロック」(1973年・内藤誠監督作品)

片山由美子さんのカットがイイですね。
この作品にはキャロルも出ていましたね。

片山さん、是非サインをして欲しいです!


この古本まつりは8月16日(五山の送り火)まで開催中です!
もう一回位、足を運ぼうかなぁ~

ブログランキングに参加しています。
この下を↓
人気ブログランキングへ
プチッとクリックお願いします!

スポンサーサイト



セーラー服と機関銃・完璧版


Category: 映像関連コレクション > スチール写真   Tags: ---
1982 toei kansai shisya
1981年の12月に公開された東映作品「セーラー服と機関銃」は色んな奇跡が重なって大ヒットとなった。当時、関西方面の舞台挨拶は「熱烈なファンの取り囲まれ、機動隊が出するほどのパニックとなりやむなく中止した」と言われていたが、定かではない。

翌年、春に「…完璧版」と称して、20分ほど本編にプラスしたものが上映された。いわゆる二匹目のドジョウである。

東映会館の最上階にあった大阪の梅田東映で試写会が行われ、事前に記者会見が行われた。

写真もその時のもの。なんてラフな格好なんでしょうか。

ブログランキングに参加しています。
この下を↓
人気ブログランキングへ
プチッとクリックお願いします!

さびしんぼう 大林宣彦監督


Category: 映像関連コレクション > スチール写真   Tags: ---

大林宣彦監督の故郷・尾道を舞台にした三部作のラストを飾ったのが「さびしんぼう」という作品。

私は監督のデビュー作「ハウス」から監督の作品はよく観ているが、特に尾道三部作についての思い入れは強く、友達数人とロケ地ツアーと題して尾道にも何度か足を運んでいる。

「さびしんぼう」では、芸達者な尾美氏はもとより、橘百合子とさびしんぼうの二役を演じた富田靖子の演技が良く、ファンになってしまった。

当時、彼女の事務所アミューズは大阪の西梅田にも営業所があり、週末はよく遊びに行ってた。
今どうかは知らないが、この頃はあらかじめアポさえしておけば事務所には遊びに行けたのである。

だから彼女が新曲をリリースする情報が入るといち早く視聴が出来たし、みんなで手分けして在阪のラジオ局にリクエストしたりハガキを書いたりして、事務所との関係も良かった。

1985年3月末、映画のパブリシテイで監督と主演の二人が関西に来た。
スタジオに入れるかどうかは別にして、スケジュール情報は事務所に教えてもらっていた。

関西では毎日放送の「突然ガバチョ!」の収録。まだ吹田市の千里丘に局があった頃。
当時この番組の人気は凄くて、スタジオの参加希望の当選倍率も高いもので、当然外れてしまう。

京都ではKBS京都の「アンクル・アベニュー」という、情報番組の生出演。
スタジオ自体そんなに広くないので、スタジオ見学もやっていない。

事務所仲間で京都まで来る連中は少なく3人だったけど、烏丸にあるKBS京都に向かった。

1階ロビーの大型モニターで「アンクル・アベニュー」をチェック。
放送を終えると大林監督が最初にエレベーターから降りて来られたので挨拶。

監督の古い友人で京都在住の高林陽一監督のお話しをしたところ、「もし会う機会があったら、よろしく言っておいて下さい」と返された。そう「時をかける少女」では時計屋の男役で友情出演されています。

うっかりお土産を持参するのを忘れてしまったが、しっかり持ってきたロビーカードにはサインを頂いた。
「いつか見た夢 いつか見た映画 大林宣彦 1985.3.31」
omi and oobayashi sign

ふと、横には尾美さんが覗いてらしたので、やはりサインをお願いしました。
「よくオビって言われるんですけど、オミが本当なんです」とのこと。

薬師丸ひろ子、蝦名由紀子、原田知世、富田靖子…これまで私の好きな女優さんとの共演が羨ましく嫉妬するほどで、若いのに落ち着いた物腰で余裕さえ感じられます。大林映画の常連というか、監督が信頼できる俳優さんのお一人ですからね。

いつの間にか富田靖子さんの周りにはどこから駆けつけたのかファンが群がっている。
ここはKBSのロビーだ。迷惑かけそうなので事務所の福本さんに近寄って「急がないんでお願いしてよろしいですか。また事務所に行った時にでも受け取れれば」とロビーカードを預けた。考えりゃ、荷物になるから迷惑だったに違いない。

tomiyakko sign
映画公開後にアミューズで引き取りました。

「さびしんぼう」はその年の映画賞・映画祭で数多く受賞します。

ブログランキングに参加しています。
この下を↓

人気ブログランキングへ
プチッとお願いします!







11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

10

12


 
プロフィール

こだわり野郎

Author:こだわり野郎
こだわり野郎のブログにようこそ!

食べ歩き全般と昔のテレビ番組や映画関連の話題が中心です。出会った俳優さんのことやコレクションの紹介もします。

 
 
FC2カウンター
 
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
250位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
映画俳優
12位
アクセスランキングを見る>>
 
 
こだわり野郎の本棚
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム
 
ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
 
 
 
フリーエリア