FC2ブログ

こだわり野郎のブログ

食べ歩きから映画関連の細かい話題まで、私なりのこだわりで綴ります

 

PCX ヘッドランプ交換


Category: ホンダPCX   Tags: ---

交差点の信号待ちで前の車に照射されているライトが何となく暗い。
帰ってすぐ確認すると、途中でランプが切れていました!

早速、サービスマニュアルを片手に切れたランプを外すことにしました。


dust caver
前回のボジショニングランプの交換同様に、泥除けのスキマから手を伸ばして、今回はまずダストカバーを外します。
スッポリとはまっているだけなので、簡単に外れました。

ただ私のPCXは本国仕様のため、マニュアルに記載されているランプとは異なります。
ソケットは前に乗ってたスーパーカブと同じタイプで、押しながらひねるヤツです。


head lamp
切れた球を確認後、コーナンで同じタイプのランプを609円で購入出来ました。思えばカブと同じランプでしたね。
実は最初に近くのバイク屋に立ち寄ったのですが、工賃込みで6千円の返答に自分で交換しようと思ったのです。
自分でやれば10分の1の部品代だけで済みますしね。


lamp in
まず、新しい軍手を着用して作業にかかります。
ガラス面や電極面を素手で触ると、高温になったときにランプに付いた油脂でランプが破損しかねないからです。

カブのように、ランプカバーをカパッと開いて両手で作業出来るようには、残念ながらこのPCXは出来ていません。
その辺のメンテナンス面を考慮して、日本仕様はソケットの規格を変えているのかも知れませんね。

取り合えず、ランプの位置決めをします。
横に二本の線が並んでいるので、HIGH側を上に合わせます。ランプの縁に小さなポッチが付いているので、リフレクター側の溝と合致すれば、ランプが自立し(グラグラしなくなり)ます。


dust caver outside
次にソケットを装着するわけですが、あらかじめダストカバーを裏返しておくと、手に当たりにくくなるので多少作業がしやすくなります。


socket syoumen
青いラインは最初から付けてありました。このラインを直立と見立てて、アルファベットのYをイメージします。
私の場合、一度ランプを外した状態でソケットのかかり具合を確認しました。何回か練習するとイイと思います。

ちょうど、正面手前から見てアナログ時計の分針を12時から12時5分に動かすくらいの角度でしょうか。
手さぐりでの作業になるので、あせらずに余裕をもって行えばうまく出来ます。

で、Yの先端に付いたポッチを3点同時にリフレクター側に押し込んで、平行にひねります。ソケットを前後左右に軽く動かしてみて、グラッとしていなければ装着されています。

tama koukan
最後にダストカバーをひっくり返して、TOPと刻印された方を上、配線の出ている方を下にしてはめ込んで完成です。
やっぱり、交換したての向って右の方が明るいですね。

ブログランキングに参加しています。
この下を↓
人気ブログランキングへ
プチッとクリックお願いします!

スポンサーサイト



PCX 時計


Category: ホンダPCX   Tags: ---
PCXには今どき時計が搭載されていない。

純正オプションや車載品メーカーから色々販売はされているが、数千円の出費は痛い。
とにかく時間がわかればいいので百均で調達しました。

color clock
取り外しが出来るホルダー式タイプです。

sankou photo
早速、メーターパネル付近で位置決めします。
でも中々パッとしません。それにしても思ったよりデカイ!
シールド部分はスペース的には最適ですが、全体的に緩やかに曲がっているため装着が不可能。
また、手前に傾斜している関係で仮に装着しても液晶部がお辞儀する形となって時間が見えません。

そこで目を付けたのがグローブBOX。直射日光や雨がかからないというメリットもあります。

tape side
取り付ける前に元々付いていた両面テープを剥がします。
実際にテープを使用された方ならお分かり頂けると思いますが、百均商品で使われている品質は最低ランクです。

3m tape
スリーエム社のテープに張り替えて

torituke1.jpg
グローブBOXフタのフラット部分に貼ります。しかし、ここで新たな問題が!

glove box
グローブBOXのフック受けの箇所に数ミリの段差があり、フタを閉じる時に時計と干渉しました。

torituke2.jpg
フック箇所から10ミリ程度ずらして再度取り付けます。

clock area
今度は問題なく収納が出来ました。
運転中は見れませんが、時計を付けたかったのでヨシとしましょう。。

ブログランキングに参加しています。
この下を↓
人気ブログランキングへ
プチッとクリックお願いします!




PCXリアBOX カゴネット取付


Category: ホンダPCX   Tags: ---
box4.jpg
GIVIのリアBOXのフタ部分のスペースを何とか利用出来ないかなぁと前から思っていて、今日も百均で使えそうなものを物色していたところ、これはと思って購入。


本来はスクーターの前かごに掛けるネット。サイズは一辺が35センチ。

box7.jpg
BOXのコーナー部を除光液で拭き取ります。(今はシンナーが入手しにくい)

box6.jpg
元々四隅に付いていたフックは取り外します。

box2.jpg
貼りにくいのでBOXをひっくり返し、ワイヤーステッカーを等間隔に貼りつけます。

box.jpg
左右両サイドはスルーにしました。そこから出し入れすれば良いかと。

ネットを止めて、後は粘着テープを安定させるために一日放置すれば完成です。

雨カッパやエコバックなど、下から押されて支障のないものなら常備に良いと思います。

ランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

プチッとお願いします!

PCX ブレーキレバーロック


Category: ホンダPCX   Tags: ---
PCXオーナーさんのブログで最近よく目にする、ブレーキレバーロックなるものを私も便乗させてもらいました。

本来YAMAHA AG200というバイクの純正部品です。
yamaha ag200

yamaha parts
しばらく、バックオーダーだったこのパーツ。
20年前のAG200パーツにドンドン注文がきて、YAMAHAもさぞ不思議に思ったことでしょう。

高槻の2りんかんで買おうとしたら車台番号が必要って言われて、HONDA PCXの車台番号言うわけにもいかず、ネットで直接買えるサイトを探しました。
シーマインターナショナルという通販専門店で無事入手出来ました。

36x-83965-00.jpg
純正のままだとPCXに取り付け出来ません。ミラー部の付け根に干渉してしまいます。

lever rock
グラインダーで角を大胆に落とします。

brake lock
ミラー部付け根のRに沿って、ミニルーターで修正して(画像取り忘れました)

lever rock 1
M6のステンレス平ワッシャーを噛ませてレバーロックを取り付けたら完成です。

この時期、渋滞時の信号待ちや坂道では確かに重宝します。

因みにこの方のブログが大変参考になりました。
だっくすの「ボヤキ生活」

ランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

プチッとお願いします!

PCXは125CC


Category: ホンダPCX   Tags: ---
普通に走行している分には、ポリさんに停められる事はないけど、駐輪場で係員に度々呼び停められる。

「おたくのバイク、それ何CC!」
近所の駐輪場は何でか250CC以上は駄目って所が多い。

PCXは一見、125CCに見えないらしい。

日本仕様だと、小型二輪車を示すステッカーが貼られているが、私のPCXは本国仕様のため、納車時にステッカーは貼られてなかった。

バイク屋いわく、特に道路交通法で定められている訳ではないので無くても問題ないそうだが。

毎回「125CCなんですけど」と言って、ピンクナンバーを見せるのが面倒くさくなってきた。
ホンダ純正部品をネット検索するとステッカーセットは500円位する。

で、百円ショップのダイソーに出向き、夜光ステッカー(1cm×30cm)を見つけたのでカットした。
my pcx2


リアはちょっと加工して、こんな感じ。
my pcx

夜間は駐車中に薄っすらと光り、私的には純正よりも良いかも。 


ランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

プチッとお願いします!

08 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

07

09


 
プロフィール

こだわり野郎

Author:こだわり野郎
こだわり野郎のブログにようこそ!

食べ歩き全般と昔のテレビ番組や映画関連の話題が中心です。出会った俳優さんのことやコレクションの紹介もします。

 
 
FC2カウンター
 
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
映画俳優
11位
アクセスランキングを見る>>
 
 
こだわり野郎の本棚
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム
 
ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
 
 
 
フリーエリア