FC2ブログ

こだわり野郎のブログ

食べ歩きから映画関連の細かい話題まで、私なりのこだわりで綴ります

 

雑誌リサイクルデー @長岡京市図書館


Category:   Tags: ---

毎年、地元図書館で行われる雑誌リサイクルデーに並んだ。
入場整理券配布は13時からだが、お目当ての雑誌をGETするべく10時過ぎに到着。

月刊誌や寄贈書はお一人12冊、雑誌付録は1点まで。週刊誌は制限なしとのこと。

整理番号4だったので、取り合えず、最初の入場グループに入れた。
キネマ旬報をふた山分キープして、12冊の選別作業。しかし、これが結構たいへんでしたね。

1時間半くらいかけ、ようやく選び終えた頃、図書館の方から「来場者もほぼ帰られましたので、月刊誌も無制限で結構ですよ」と嬉しいお知らせが!

要するに、残った雑誌をすべて処分するにも費用がかさむので、図書館側としても引き取って頂いた方が助かるのだとか。


201406011.jpg
そういう訳で、キネマ旬報まるまる1年分を頂きました!
普通に買っていると1万位になりましからねぇ…、ホント感謝です。

実はこれ以外にも週刊誌のたぐいが数十冊もあり、現在部屋がとんでもない状態になっています!!
さすがにこちらは切り抜きの対象になってしまいますね。

ブログランキングに参加しています。
この下を↓
人気ブログランキングへ
プチッとクリックお願いします!

スポンサーサイト



別冊映画秘宝 実相寺昭雄研究読本


Category:   Tags: ---
kenkyu dokuhon
久しぶりに本を買った。別冊映画秘宝 実相寺昭雄研究読本。
ムック本だが…。

ほぼ週末は図書館に行く生活をここ数年続けているが、映画関連は取り扱っていないことが多く、発行部数の絡みもあり結構高いんですよね。

で、今日購入した実相寺昭雄研究読本もそんな一冊。
タイトルが示す通り、実相寺氏が手掛けた作品を年代順に解説。

また作品に関わった関係者のインタビューがハンパなく凄く、これだけで私は元を取ったと納得する。
既に鬼籍に入られた方々の生前のインタビュー(初出)は貴重。
実はこれ、1980年代に私が主宰していたビデオワールドのメンバー、お二人の功績。

巻末の著者紹介によると、S氏からの誘いを受けて、K氏が実相寺監督の関係者50名に取材したという。
そう言えば、当時S氏が作った実相寺監督の同人誌はどこに行ったんだろうか?
引っ越すと必ず何か無くしてしまうなぁ…。

ブログランキングに参加しています。
この下を↓
人気ブログランキングへ
プチッとクリックお願いします!

秋の古本まつり @百万遍知恩寺


Category:   Tags: ---

連休の初日、秋晴れだったので百万遍まで足を伸ばして古本まつりに行って来ました。


1311023.jpg
お盆に開催される古本まつりに比べると若干規模は小さめですが、季節柄蚊の心配をすることなく、じっくりと本に浸れます~。


1311022.jpg
5時間くらい居たのですが、今回は買うに値する本とはめぐり合えず、帰ることにしました。

次回の大規模な古本まつりは来年GW開催です。
ブログランキングに参加しています。
この下を↓
人気ブログランキングへ
プチッとクリックお願いします!

女優 富司純子


Category:   Tags: ---

「女優 富司純子」(キネマ旬報社刊)を京都市図書館で借りてきた。


富司純子(フジ スミコ)の名で銀幕に帰ってきたのが平成元年。
その作品「あ・うん」は高倉健主演、監督は降旗康男と、かっての仲間が出迎えた。
これは東宝作品だったけども。

その後も「ふたり」(大林宣彦監督)、「あ、春」(相米慎二監督)、「おもちゃ」(深作欣二監督)、
「フラガール」(李相日監督)、「空気人形」(是枝裕和監督)、「この空の花 長岡花火物語」(大林宣彦監督)などに出演し、きらりと光る演技をして楽しませてくれている。


この本には、緋牡丹のお竜として一世を風靡した藤純子の章もあるが、今回の発刊にあたり、表紙は富司純子の写真でと条件が出された。

富司さんは自分のわがままでで一度引退したのだからと、藤純子時代の思い出は大切に宝石箱にしまっていると話す。
さすがに主役を張っていた人は、筋を通します。


1307203.jpg
巻末に年譜があり、なかなか楽しめる内容になっていたのだが、無性に腹がたったのがこの切抜き。


1307202.jpg
自分さえ良ければと言う人がいるんですよね。
お陰で、そこに載っていた写真が気になってしょうがない…。

ブログランキングに参加しています。
この下を↓
人気ブログランキングへ
プチッとクリックお願いします!




醍醐中央図書館に行ってきた


Category:   Tags: ---
daigo tyuuou tosyokan
天気が良かったので少し遠出して、醍醐まで出かけた。
場所は、複合施設パセオ・ダイゴローの4Fにある、醍醐中央図書館。
DVD、CDの視聴覚と貸出しが出来るのは、ここ醍醐と右京中央図書館の二館のみ。

連休中の中日と好天ということもあって、館内は空席を探すほど賑わっていました。


kashidashi2011100901.jpg
あらかじめHPで蔵書検索をしていたので借りた本、3冊。


・一人でもできる映画の撮り方
別に、映画を一人で作りなさいと奨励しているのではなく、シナリオの設計からカメラワーク、編集のつなぎ方から録音・ダビング、仕上げ~上映までを実際の作品を例題にして、非常に分かりやすく紹介しているもの。
何より、教科書っぽい内容ではないのが良い。


・おくりびと オフィシャル・メモリアルブック
おくりびと公開から8ヶ月後に発売された、メモリアルブック。
二千円以上するので買い控えていたのだが、蔵書にあったので借りました。

山田辰夫さんのインタビューまで取り上げていることに褒めてあげたい。


・「月光仮面」を創った男たち
いつも、他とは違った切り口で映画やテレビ関連の批評をする、樋口尚文さんの著書。
「月光仮面」の仕掛け人たちを追い、大人気を誇った番組の裏では何があったのかを掘り下げている。
大瀬康一氏のインタビューや、宣弘社の秘蔵写真など見所も多い。


kashidashi2011100902.jpg
右京中央では貸し出し中だった「あにき」の第2巻と5巻があったので、早速借りる。
貸出し期間が二週間もあるので、見つけた時が借り時なのだ。


図書については最寄の図書館に返却しても良いのだが、DVD、CDは借りた図書館のカウンターまで返さなくてはならない。この辺は、レンタルビデオと一緒で仕方がない。


anikidvdⅢ

anikidvdⅥ
自宅に帰って、懲りずに自作ラベルを作成した。
次回、第4巻を借りられれば「あにき」が無料コンプリート出来ます。

この頃の健サンって、今の私と同年代だったんだ…比較してどうするんだ。
ブログランキングに参加しています。
この下を↓
人気ブログランキングへ
プチッとクリックお願いします!

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

08

10


 
プロフィール

こだわり野郎

Author:こだわり野郎
こだわり野郎のブログにようこそ!

食べ歩き全般と昔のテレビ番組や映画関連の話題が中心です。出会った俳優さんのことやコレクションの紹介もします。

 
 
FC2カウンター
 
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
映画俳優
11位
アクセスランキングを見る>>
 
 
こだわり野郎の本棚
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム
 
ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
 
 
 
フリーエリア