FC2ブログ

こだわり野郎のブログ

食べ歩きから映画関連の細かい話題まで、私なりのこだわりで綴ります

 

関の彌太ッぺ


Category: 自作DVDラベル   Tags: ---
seki dvd
京都市右京中央図書館で錦之助の股旅モノ「関の彌太ッぺ」を借りて来ました。
それにしてもセンスのないラベルだとは思いませんか?


511XoqA+wSL__SL500_.jpg
ジャケット写真を何とか生かせないものか!?
と考えた末…


seki no yatappe
作ってみました。


*注意   2012年10月1日に改正著作権法が一部施行され、コピーガードなどの処理のかかったDVDを解除して行う私的複製も違法とのこと。ただし、刑事罰はありません。

ブログランキングに参加しています。
この下を↓
人気ブログランキングへ
プチッとクリックお願いします!

スポンサーサイト



丹下左膳 飛燕居合斬り


Category: 自作DVDラベル   Tags: ---
tangesazen dvd
「丹下左膳 飛燕居合斬り」(1966)東映京都作品

錦之助の丹下左膳は残念なことにこれ一本のみ。
左膳といえば大友柳太郎なんだけど未見なので、私的に錦ちゃん左膳も好きです。

監督はテレビ「三匹の侍」で一躍その名を轟かせた五社英雄。
リアリズム要素を取り込みつつ見せ場を作る手法はこの作品にも生かされている。


柳生一族に先祖代々伝わる「こけ猿の壷」には、実は百万両の黄金の秘密が隠されていた。
その事実を知った将軍の側近、愚楽老人一味は、あらゆる手段を使ってその壷を奪おうとした。

争奪戦の最中、こけ猿の壷は偶然ちょび安の手に渡り、愚楽老人配下の蒲生泰軒一味から追われる立場になったちょび安は目の前のボロ小屋しに身を隠す。そこは左膳のねぐらだった。


ちょび安を演じていたのは翌年、青影役でブレイクする金子吉延。
錦ちゃんの作品は「宮本武蔵 巌流島の決斗」(1965)の伊織役で初共演していますね。

ラストの蒲生泰軒との殺陣には思わず力が入ってしまった。
何せ天津敏さんですからね…。


ブログランキングに参加しています。
この下を↓
人気ブログランキングへ
プチッとクリックお願いします!

素浪人 花山大吉


Category: 自作DVDラベル   Tags: ---
1960年代に、家族みんなで楽しみにしていたテレビ時代劇がありました。


花山大吉自作DVDラベル
「素浪人 花山大吉」です。
今日は、アナログ放送最終日で特に観る番組がなかったのでラベルを作ってみました。


okarayaro.jpg
この作品を観た影響で、おからを食べるようになりました。
当時から影響を受けやすい子供だった訳ですな。


前作、月影兵庫が回を重ねるごとに原作のイメージから大きく脱線したため、原作者から物言いがあったと聞く。
我々は面白ければいいんだから、この花山大吉と焼津の半次の設定はおおいに歓迎したものだ。


何度かリメイクもされているけど、どうしても比較してしまうなぁ…


敵役の面々も東映の大部屋からよく出てくるんだけども、よくもあれだけアクの強い役者を揃えたなと感心してしまう。


awaji daisuke san
阿波地大輔さん。近衛さんの愛弟子さんでしたね。
「暴れん坊将軍」でのレギュラーは、東映京都のファンとしては嬉しかったなぁ。


shioji akira san
汐路章さん。多分、福ちゃんの次くらいに、数多く斬られている人。元は高田浩吉の弟子だったんですね。
ということは、鶴田の兄弟子かぁ。
何度か、手紙のやり取りをしたことがあります。すごい達筆で、役とは正反対の優しい方でした。


shioji nishida awaji and hanayama
中央に西田良さん。その後、1970年「燃えよ剣」でブレイクします。
最近は舞台中心だとか。一度は会いたい方ですねぇ…。


今で言う福ちゃん探し(福本清三さん)みたいな、別の楽しみ方も出来ました。


ronin makaritohru ep
サブちゃんが歌う主題歌も良かったけど、
エンディングに流れる半次兄いの「風来坊笠」もよく口ずさみました。
ちょっと鼻にかかった歌い方でね。



「兵庫」と「大吉」の主題歌が収録されているCDは現状これのみです


東映がDVD化に踏み切らないのは何か理由があるのかな?
ブログランキングに参加しています。
この下を↓
人気ブログランキングへ
プチッとクリックお願いします!

オールナイトロング 誰でもよかった


Category: 自作DVDラベル   Tags: ---
all night long dvd
先日ゲオでレンタルしてきたついでに、DVDラベルも作成。
普段は「自作DVDラベル」のサイトで探すんですけど、誰も作ってない作品は下手なりに作ることにしています。

取り合えず、1本目は「オールナイトロング -誰でもよかった-」を。

このシリーズも20年位続いてますねぇ。どぎつい描写が見せ場なんで、ほとんどR指定とか成人指定になってたかと思います。

監督・脚本はシリーズを通して松村克弥。


今回の「…誰でもよかった」には、 特殊効果に「西村造型」の西村喜廣、監修に「呪怨」シリーズの清水崇らの名がクレジットされていたんで、観る前から期待するしかなかったのですが…。

ブログランキングに参加しています。
この下を↓
人気ブログランキングへ
プチッとクリックお願いします!

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

08

10


 
プロフィール

こだわり野郎

Author:こだわり野郎
こだわり野郎のブログにようこそ!

食べ歩き全般と昔のテレビ番組や映画関連の話題が中心です。出会った俳優さんのことやコレクションの紹介もします。

 
 
FC2カウンター
 
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
映画俳優
11位
アクセスランキングを見る>>
 
 
こだわり野郎の本棚
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム
 
ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
 
 
 
フリーエリア