FC2ブログ

こだわり野郎のブログ

食べ歩きから映画関連の細かい話題まで、私なりのこだわりで綴ります

 

セーラー服と機関銃・完璧版


Category: 映像関連コレクション > スチール写真   Tags: ---
1982 toei kansai shisya
1981年の12月に公開された東映作品「セーラー服と機関銃」は色んな奇跡が重なって大ヒットとなった。当時、関西方面の舞台挨拶は「熱烈なファンの取り囲まれ、機動隊が出するほどのパニックとなりやむなく中止した」と言われていたが、定かではない。

翌年、春に「…完璧版」と称して、20分ほど本編にプラスしたものが上映された。いわゆる二匹目のドジョウである。

東映会館の最上階にあった大阪の梅田東映で試写会が行われ、事前に記者会見が行われた。

写真もその時のもの。なんてラフな格好なんでしょうか。

ブログランキングに参加しています。
この下を↓
人気ブログランキングへ
プチッとクリックお願いします!
スポンサーサイト




Comments

御堂筋線での思い出…
大阪御堂筋線
梅田~難波の一番混雑する区間での話…
男友達と地下鉄へ乗っていまして…
いつもの事ながら満員状態!
サラリーマン風の男性が僕にもたれ掛かり…
『御免ねえ~手垢つけて』『お詫びにこれあげるわ』…
と、いって一足先に下車して行きました…
後で見ると…なんと!
『道頓堀東映』の招待券!!

当時上映してたのが…
『セーラー服と機関銃』通常版

それも券二枚!
友人と早速、予定変更…
ミナミに映画を観に行く~!!

当時の感想…
前宣伝がすごーい
角川映画なので
思ったよりも(当時)感動や秀作だったなぁ~とは感じなかった。
しかし…最近CS放送なんかで改めて観ると!
相米監督の映像美が!素晴らしい…

脇を固める役者陣も鮮やか!
『風祭ゆき』さん
『柄本 明』さん
印象深いかなぁ~

こだわり様…
長々思い出話、失礼しました\(__)


 
Re:御堂筋線での思い出…
>和歌山マル子ラーメン様

いつもありがとうございます!

道頓堀東映、懐かしいですねぇ~。直営館らしく芝居小屋のような造りが好きでした。舞台挨拶は出来るだけ前で、映画本篇は前の人の頭が邪魔にならない後方でというのが定番でした。

私的に相米監督とひろ子さんの作品では「翔んだカップル」の方がインパクトが強いかなぁ。それまで、1シーン1カットって手法を知らなくて、とてもライブ感があって、あたかも自分もその辺りにいるのではないかと錯覚にとらわれたり。

「セーラー」は何だかんだいいつつ、10回は観たかなぁ…あの頃は入れ換え制じゃなかったし、同様に「燃える勇者」も回数観て、いつしか真田広之のファンになってましたね(笑)。

ラストのロングショットのシーンで、星泉の横でマックシェークを飲んでいる女性が中々フレームアウトしないので、気になって仕方なかったです。
 

Leave a Comment



12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

11

01


 
プロフィール

こだわり野郎

Author:こだわり野郎
こだわり野郎のブログにようこそ!

食べ歩き全般と昔のテレビ番組や映画関連の話題が中心です。出会った俳優さんのことやコレクションの紹介もします。

 
 
FC2カウンター
 
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
映画俳優
11位
アクセスランキングを見る>>
 
 
こだわり野郎の本棚
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム
 
ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
 
 
 
フリーエリア